フラフィ
猫と暮らすブログ
猫コラム

猫は狭いところが好き?好き以外にも理由が?

猫はなんで狭いところに入っていくのでしょうか?

 

完全室内飼いで、外に出るはずがないのにどこに行ったかわからなくて、家族総出で探したこともしばしば。

 

まさかこんな狭いところに入るはずがないと見落としていたところに入ってたりします。

 

色々な場面のぴったり猫がはまった写真や動画を目にしますが、とってもかわいいですよね。

 

そんな狭いところ入ってしまう猫の理由について紹介したいと思います。
スポンサー

狩猟本能のため

ペットとして長く飼われてきた猫ですが、いまだに野生の狩りをする本能が残っています。

 

狭いところに身を隠して、そこから様子を伺い狙った獲物を捕まえたり、敵に襲われないために身を隠して自分の身を守るためだと言われています。

 

他にも穴などに獲物が隠れていることもあるために狭いところに入ったりするようです。

 

室内で飼われている猫にはあまり関係ないですが、野生の名残があるんですね。

 

 

捕った獲物を隠すため

外では、せっかくとった獲物を他の猫に横取りされることもあるので、盗られないように狭いところへ持っていき、隠しているそうです。

 

狭いところが落ち着くため

狭いところのピッタリはまったフィットした感じが猫にとってたまらなく落ち着くようです。

 

はまったまま寝ている光景ってよく目にしますよね。

 

一人になりたいから

猫は元々単独行動をすると言われており、狭いところに入ることで安心してストレスも軽減されると言われています。

 

病気したときなども、狭いところでじっとして回復を待っているそうです。

 

室内飼いでは、猫が一人になれるような目隠しできるスペースを用意してあげると、ストレス軽減されて猫自身が快適に過ごせるようです。

 

 

まとめ

このように、狭いところに入る理由はいくつもありました。

 

本能的なものから、落ちつくから、一人になりたいからなど理由は様々ですね。

 

理由はともあれ、狭いところに入っている姿をみると癒されますよ。

 

これからも、かわいい姿をみて楽しんでいきたいです。

 

ブログランキング参加中です。1日1ポチ応援お願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です