フラフィ
猫と暮らすブログ
猫コラム

猫がお風呂を嫌がるのはなぜ?

猫はお風呂が嫌いなのは、誰でも知っていることですよね。

たまに、お風呂にゆっくり浸かっている猫の動画を目にすることがありますが、お風呂嫌いの猫が多いと思います。

なぜお風呂が嫌いなのか理由について調べましたので、紹介したいと思います。

スポンサー

お風呂嫌いの理由とは?

猫の先祖に関係しているから

猫の祖先であるリビアヤマネコは、アフリカ北部やエジプトなどの砂漠地帯に住んでいるため、水自体に馴染みがありません。

砂漠地帯は昼夜の温度差が激しく、水に濡れてしまうと夜に気温が下がったときに体温を奪われて命にかかわることになるので、そのため水に浴びる習慣もないようです。

猫の被毛の違いから

猫の被毛が乾きにくいことが関係しているかもしれません。

猫のやわらかい被毛は、体温を維持するために短い毛(アンダーコート)と、皮膚を守るための硬く長い毛(トップコート)の2層からできています。

犬に比べると猫被毛は油分も少ないため、水をはじきにくいので水に濡れやすいようです。

アンダーコードは細くてやわらかいので、水に濡れてしまうと乾きにくくなります。

乾かないままだと体温を奪われてしまうので、水を嫌っているとも言われています。

猫はお風呂は必要ないの?

猫は肉球以外で汗をかくことがないので、体臭もほとんどありません。

きれい好きな猫は、毛づくろいをして常にきれいに保っているので、お風呂は必要ないそうです。

待ち伏せして狩りを猫は体臭があると獲物に気づかれてしまうために、毛づくろいをして体臭を消しているとも言われております。

 

お風呂に入れる場合は?

頭の部分は、水にかかるのを嫌がる猫が多いので、頭は拭いてあげるだけの方がよいそうです。

体は、シャワーはビックリしてしまう猫が多いので、湯船に浅くお湯を入れて洗うか、桶の中にお湯を入れて洗ってあげる方がよいそうです。

洗うのにシャンプーを使う場合は、人間用はニオイがついていて、油分も余計の落としてしまうので、ニオイが体につくことが嫌いますし、元々油分が少ない猫の被毛には不向きなので、必ず無香料で猫用で洗ったあげたほうがいいですね。

まとめ

お風呂を嫌うのは、ちゃんとした理由があったんですね。

祖先に関係していて、命を守るための本能的なことだとは、調べていて本当に驚きでした。

お風呂を嫌っている場合は、必要な時だけ洗ったあげるようにした方がよさそうですね。

ブログランキング参加中です。1日1ポチ応援お願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です