フラフィ
猫と暮らすブログ
クッキーの日常

布団がかかっていないコタツに入る猫

家の猫(クッキー)は、コタツの下で丸くなって伏せていました。

コタツ下のラグマットをひいたのですが、まだコタツの布団はかけていないので、ただのテーブルです。

でも、ふかふかラグマットを引いたから、コタツの下に入りたくなったのでしょうかね?

ラグマットをひくために端っこに寄せて囲われている感があるので、狭いところ大好きな猫としては、入らずにはいられなかったのかな。

スポンサー

 

見てください、この角度からのクッキーの顔ですが、

凛々しいというか、「鬼滅の刃」をご存じの方は ”鬼舞辻無惨”のように見えます!?

「頭を垂れて蹲え(こうべをたれてつくばえ)平伏せよ」と言いそうな…。

まー、猫はこの凛とした感じが魅力なんですけどね (^▽^;)

「何か言ったかニャ?」

その横目はちょっと怖いです (≧∇≦)

「だって、ボクの悪口でも言っていたニャか?」

言ってないですよ、魅力的だって言っていただけ。

「ホントニャ?」

はい、何をしてもかわいいです♪

「・・・」

「でも悪口言ったら、許さないニャ~よ!」

はい。

このように、目で訴えるクッキーでした。

ブログランキング参加中です。1日1ポチ応援お願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です