フラフィ
猫と暮らすブログ
猫コラム

猫の抜け毛の量に違いがある?快適に過ごすための抜け毛対策とは。

暖かくなる頃から我が家の猫の抜け毛が増えてきて、あちらこちらに落ちているので、掃除機を何回もかけたり、コロコロも大活躍です。

抱っこしたりすると、洋服にもびっしり毛がつきます。

まだ猫飼い始めたばかりなので、びっくりするくらいの量です。

そんな猫の抜け毛の量の違いが気になったので、調べてみました。

スポンサー

猫の抜け毛が増えるのはいつ?

季節の変わり目に猫の毛が抜け落ち、新しい毛に生え変わる時期のことを「換毛期」といいます。

猫は人間のように全身に汗をかいたて体温調整ができません。

季節に合わせて、新しい毛に生え変わることによって体温調節しています。

猫の換毛期ですが、年に2回あります。

気温が暖かくなる3月頃からと夏毛に生え変わり、寒さが厳しくなる11月頃から冬毛に生え変わります。

この換毛期に抜け毛が増えるんです。

夏毛と冬毛で抜け毛が多いのはどっち?

猫の毛の特徴について

ほとんどの猫の被毛ですが、オーバーコートとアンダーコートのダブルコートでなっています。

オーバーコートとは、猫の外側に生えている毛のことです。

外に熱や汚れなどから、皮膚を守っています。

アンダーコートとは、内側に生えている毛のことです。

ふわふわとやわらかくて、体温を守る役目をする毛です。

冬毛について

冬毛の特徴としては、細くて柔らかい毛が密集して生えてきます。

アンダーコートが多めに生えてきて、1つの毛穴から4~6本の毛が生えてくるので、ふわふわっとした印象になります。

このふわふわの毛によって、冬の寒さで体温を奪われないようにして保温しています。

夏毛について

夏毛の特徴としては、冬毛に比べると少し硬めで生える密度の低くなります。

アンダーコートは、夏毛になるとゴッソリ抜け落ちます。

密度が低くなったことにより、風通しがよくなり熱がこもりにくくなります。

この特徴により冬毛は毛の量も多いことから、夏毛に生え変わる3月頃からが1年の中で抜け毛が特に多い時期となります。

室内飼いの猫は、外に出ている猫に比べると、気温にあまり差がないこともあり、換毛期が無い猫もいるんだそうですよ。

抜け毛の対策は何がいい?

ブラッシングをする。

1日に1~2回ブラッシングすることで、抜けた毛が床のあちこちに落ちることを防ぐことが出来ます。

きれい好きな猫にとってもグルーミングすることで、たくさんの毛を飲み込んでしまって、毛玉を吐き出すことも多くなるので、毛玉を吐き出すことを減らすことができます。

換毛期は特にブラッシングをするとよいそうですよ。

ブラッシングすると細かい毛が空気中に舞ってしまったり、床や洋服などにもついてしまいます。

じゅうたんや洋服など繊維に入ってしまうと取れにくいので、ブラッシング後はすぐに掃除機をかけたり、コロコロで掃除するなどした方がよさそうです。

シャンプーをする

水が苦手ではない猫なら、シャンプーしてあげるものいいですね。

人間もそうですが、普段ブラシでとかす時より、シャンプーした時の方が抜けます。

ブラッシングだけでは、なかなか取れない毛も濡らすことで抜けやすくなります。

一度のシャンプーですべての抜け毛がとれるわけではないですが、後々のお手入れが楽になります。

まとめ

抜け毛の量に違いがありましたね。

換毛期の夏前は特に抜け毛が多いので、こまめにブラッシングやシャンプーなどのケアをすることによってお部屋も快適になり、スキンシップもとれて一石二鳥ですね。

猫にとっても毛の飲み込みが減って、快適になります。

我が家も換毛期は1日2回ブラッシングをするようにしたら、落ちた毛で靴下が猫の毛だらけになることも減りました。

スキンシップ一貫で、楽しんでやっていくといいですね。

 

動画

 

 

ブログランキング参加中です。1日1ポチ応援お願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です