フラフィ
猫と暮らすブログ
クッキーの日常

猫が去勢手術したら

スポンサー

 

うちの猫クッキーは生後8ヶ月になり、去勢手術をすることになりました。

先日手術の前の検診をして異常がないことから、9月5日に手術をしようということになりました。

前日の夜にご飯をあげて、夜中の12時以降は食事も水もダメです!って獣医さんに言われていたので、寝る前に水の器もすべて撤去しました。

水をガブガブ飲む方ではないので、撤去する前に少し温かいお湯をあげたら、勢いよく飲んでいたので、なんか察した?と思いましたが、冷たいものより温かいものの方が好きなだけなんですよね。

当日の朝は、起きてクッキーのところに行くと、

いつも通り「おはよ~ニャ」って感じでスリスリしてくれるんです。

朝のいつものパターンは、挨拶からご飯をくれるまでは、ピッタリマークされます。

でも、いつもと違うんです。

どんだけ後を追っかけても、「ご飯くれないニャ~」

だって、手術をするからご飯も水もあげられないの・・・。ゴメンね。

食いしん坊のクッキーなので、ご飯が食べられないのはかなり堪えているようです。

ふて寝のクッキー

ショボンとしたままでしたが、病院に行くためキャリーケースに入れることに。

しかし、

危険を察知したのか、足を踏ん張ってなかなか入ってくれませんでした。

なんとか押し込んで、車で病院へ

車中では、不安そうな顔で見つめられて・・・

日帰りで手術が終わり、夕方には帰宅したクッキー。

エリザベスカラーが邪魔であちこちぶつけて歩いていますが、なんと言ってもご飯が食べたくて仕方ないだろうから、帰ってきてすぐにあげました。

爪とぎが丁度いい台になって、ガツガツ食べていましたよ。

食後は、やっぱり毛づくろいですよね~。

でも、

やってもやっても、体を舐めることはできません!

舐めることが出来るのは、エリザベスカラーだけです。

術後異常が無ければ、10日間でエリザベスカラーは外せます。

抜糸も必要ないので、10日間無事に過ごせればいいんだけど・・・。

それまで辛いけど、頑張ろうね。

 

ブログランキング参加中です。1日1ポチ応援お願いします♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です